投稿日:

習い事は続けることが大事!

子供の習い事、幼稚園でも周りがみんなやっていて正直焦りました。子供に「何かやりたいことある。」と聞いても、「何もしたくない、家でのんびりしたい。」と言います。ほどんとの子供がそれが本音だと思います。何もしたくないならやらせなくてもいいか、そのうちやりたいことが出来るかも、と本当に何もやらせなかったのですが、もうすぐ小学2年生。そろそろ何かと思っても、まだやりたいことがない我が子。その頃には幼稚園から習い事をやっていた子たちの中でも、やめてしまって新しい習い事を始めている子も多くいました。理由を聞くと、子供が嫌がるからというのです。それだと子供が楽しく出来ることを見つけるまで、習い事を変え続けるということになります。
私は嫌なことはやめればいいという考えを子供に持ってほしくないと思いました。習い事は始めたらずっと続けることが、子供にとっても良い経験になるし自身にもつながると思います。私も子供のころ習っていたことは、自分が好きで始めたことではなくて嫌だったけど、頑張って続けた経験が大人になって役に立っていると思うことがあります。子供の習い事は本人が楽しむだけのものではなく、頑張って何かを乗り越える喜びを知ることができるものでもあります。焦って早いうちからいろいろ習わせて止め癖を付けるよりも、一つでも続けられそうなものをじっくり探したほうがいいような気がします。

PR|安い注文住宅のおすすめ

投稿日:

子供のしつけかたで妻とケンカばかり

我が家には子供が2人います。上は7才、下は1才です。子育てについて妻と意見の食い違いがよくあり、ケンカします。

妻の育て方は、とにかく子供に対して叱ります。教えたことをちゃんとできなければ怒るし、話を聞いていなければ罵声がとびます。
特に上の子はマイペースなので、教えられたことがうまくできず、よく叱られています。
例えば、食事中などで食べ方が汚かったり、箸の使い方などで注意されます。
僕は、子供はまだ7歳だし、ゆっくり教えていけばいいと言うのですが、妻は聞く耳を持ちません。それどころか僕に向かって、「あなたもちゃんと注意してよね。」と、言われる始末です。

僕の育った家庭は穏やかで、父と母にあまり怒られた記憶はありません。それも正しかったどうかはわからないですが、僕にとっては良い親です。
だから、僕はあまり怒られてないので、怒り方がよくわからず、子供に対して優しく接してしまいます。

妻は子供に対して厳しく、僕は優しくしてしまうので、当然、意見が食い違います。
いつもケンカばかりで疲れ、子育ては大変だと思うばかりです。

投稿日:

食いしん坊なわが子

私たち夫婦は、食いしん坊です。食べるのが大好きです。そんな血を受け継いでいるのか、わが子も食いしん坊です。
とにかくお米をよく食べてくれます。そして困っているのが野菜をあまり食べてくれないことです。そこで母親に相談すると、くたくたにゆでて、小さくしてあげたら食べるんじゃないかと、いうのです。
なのでだし汁に野菜を、細かく刻んで入れてゆでたものを、あげたらパクパク食べてくれました。
子供は柔らかくて、ちょっと噛んだら口の中で溶けるくらいに柔らかかったら食べるのです。触感って大事なんだなと思いました。またほんとはあまりよくないのですが、揚げ物が好きです。私たち夫婦も揚げ物が大好きで、よく食べるのですが、フライドポテトに唐揚げなど作ると、嬉しそうにパクパク食べるのです。そして天ぷらも。普段はかぼちゃなんて食べないのですが、てんぷらのカボチャを嬉しそうに食べていました。揚げ物は食材の究極の蒸し料理で、衣の中で蒸されているから、甘みが凝縮して美味しいのだそうです。子供がは甘みのあるものが好きだから、よくわかっているんだなと思いました。でも油ものは消化にはよくないので、たまにだけにして、うまく野菜を取り入れて、いろいろと食べてもらえたらいいと思っています。