投稿日:

同じ境遇の人と仲良くしていくこと。

子育てをする際に、まず同じ境遇の人で相談できる人を探しておくことです。これは子育て以外にも通ずつ部分があると思いますが、やはり似たような境遇でないと理解できないことが多いと思います。

特に子供を育ててる人とそうじゃない人だと収入面や悩みが全く違ってくるので、共感する部分も違ってくると思いますし、子供を育てていない人からするとそんなこと!と思う内容も子育てをしている人からすると大きな悩みということもあります。やはり理解者がいるのといないのでは今後子育てしていく上で安心感にも関わってくると思いますし、何より子供を育てる上で必要な情報も教えてくれるかもしれません。

人づてに知りえる情報って子育ての面でかなり多いと思います。特に保育所でどんなことが起きているとか、この時間帯はこの公園によく子供が集まるから一緒に遊んだら友達も出来るかもしれないとかそういう内容です。

保育所や子供に関する情報やローカルな内容はネット上とかで検索してもそんなに出てくるものでもないですし、あったとしても微妙に違う!ということも結構あるんじゃないかな?と感じます。ですので実際に会える人で相談できる人を作るというのは重要ともいえるでしょう。

投稿日:

学齢期になったら、やっぱり都会で

男の子が生まれて、何となく田舎に住んだ方が男の子にはいいのではないか?という思いがあり、北海道へ引越しをしました。

でも、実際には虫が嫌い、草花のアレルギーが出てしまう、根雪がつくまでは喘息がひどくなってしまうと、都会に住んでいた方が何も問題はなかったと思うことが沢山ありました。

また、幼稚園の時には、熊の冬眠する前に十分な食事をとることができずに民家を襲うことがあり、夕方からは家を出ないでくださいと猟友会の方に言われてしまったこともありました。

そして、小学校に上がって一年生の教科書が終わらなかった時に、もうダメだと都会に戻ることを決意しました。教科書が終わらないということは、私の中では考えもしなかったことでしたし、そんなことが一年生であることがおかしいと思ったからです。これは、私の中では決定打でした。

今は、食べ物のことを考えると北海道は良かったと思えるのですが、子供の教育ということを考えると脱出して良かったと思います。

投稿日:

快適な我が家は、注文住宅ですなんです!

我が家は注文住宅です。築9年目になります。

当初、義父母の勧めで、家を買うことになり、建売を見てまわりました。

建売は、もちろん出来あがっているものを見るので、住んでみてからの生活スタイルが簡単に想像できます。

ですが、内装では壁が薄かったり、扉が安っぽかったり、収納が少なかったり、構造の面ではまったく目に見えません。もしかしたら欠陥住宅を買ってしまう危険性もあります。

そこで、構造について何がいいのか、どんな工法がありどれがいいのか、住宅冊子を読み漁りました。

人生で一番高い買い物ですから。工法は2×4、当時あまりなかった外断熱、基礎に熱線を埋め込んだ基礎暖房。間取りは、いろんな展示場を見て回っていいとこどりを自分でまとめて間取りをPCで書き、それを住宅メーカーに、設計し直してもらい、我が家が建ちました。

注文住宅でなければ、こんなに自分の希望を取り入れてはもらえません。

収納もたっぷり!家事動線も無理のない範囲。大きな吹き抜けのリビングに、広いリビングダイニング。大満足の我が家が出来あがりました。

しかも注文住宅の雑誌に載ったんです!注文住宅で建てて本当に良かったです!

投稿日:

子供のおかげで自然とママ友が出来るようになりました。

主人の転勤で県外へ初めての引っ越しをしました。

私は仕事も辞め、3歳の息子は保育園を辞めました。

私は妊娠中、親友とも離れ友達が出来るか心配でした。なぜなら私はあまり自分から声をかけたり、連絡先を聞いたりすることが苦手だからです。

3歳の息子と1日中家で過ごすのは、元気が有りすぎて難しく、家にとじ込もっている暇もなく近くの公園に遊びに行くと、息子と同い年の子も遊んでいて、子どもたちはあっという間に仲良くなりました。

何回か公園や、近くのスーパーで偶然会うこともありましたが、なかなか連絡先の交換は出来ずにいました。

大人になって友達作りを1からするのは難しいと思っていましたが、ほぼ毎日のように公園や子育てサロン、スーパーで会いすぎるので思い切って連絡先の交換をしました。

それからは、子育ての話など色々情報交換したり、約束をして一緒に遊んだりするようになりました。

ママ友が出来ないと悩まないで、まずは、外に出ることが大事です。

友達を作らないといけないと焦らず、話をしてみて自分と合いそうだなぁと思ったママと話をしてみたり、子どもを通して「○○ちゃんとまた遊びたい」とか言わせたりして徐々に距離を縮めて行くと良いと思います。

投稿日:

建て替えられない中古住宅に要注意

中古住宅はつい最近まで使われていたのだから、欠陥リスクはあまりなく、住環境も充実していると思い込みがちです。ですから家が古いこと以外は特に問題ないと考えてしまいます。間取りや方位などをチェックし、襖の開け閉めなどをして終わらせてしまう人が多いのではないでしょうか。戸建ての場合は庭の眺め、マンションの場合は眺望チェックなどもありますが、いずれにしても簡単なものです。売り手の考え方も似たようなもの。今まで生活できていたのだから、まだまだ普通に使えるはずだと思い込んでしまいます。

これらのチェック作業も勿論大切ですが、中古物件購入時において一番気をつけたいことは再建築可能かどうかという点です。ここをしっかり確認しておかないと大変なことになってしまいます。現在の法律において、売る際に再建築不可能という旨を明文化する必要はありませんから、後になって話が違うじゃないかと訴えることはできません。

中古物件購入を考える人のなかには、いずれは建て直そうと考えている人も多いはず。後悔しないためにも、必ず再建築可能かどうか確認することを忘れないようにしましょう。

投稿日:

新米ママは手探り状態

今生後4ヶ月になる男の子を育てています。

産まれた頃はちっちゃいなと思っていたのが今は8キロ近くあり新生児の面影もなくなってきました。

子育てをする上で私が思うのは、泣きたい時は存分に泣かせています。

無視をしてる訳ではなく抱っこだってしますし、あやしたりもします。

赤ちゃんだって泣きたいって時もありますし、全ての事をしても泣き止まない時があるからです。

最近は話すようになったり寝返りを打つようになったり声をあげて笑うようになりました。

少しずつの変化があるのでとても楽しく育てています。

笑った時に笑窪が出来るのですが、私も笑窪が出来るので似ているなと思ったりでも寝顔は旦那にそっくりなので不思議だなと感じます。

大きくなったら好きな事をさせてあげたいとは思っています。少しでもいろんな事を学ばせてあげれたらとも思いますし、それで成長してくれたらと思います。

人それぞれ子育ての仕方も考えた方も違うので一理には言えませんが、私は自然体に育てながら楽しんでいこうと思います。

投稿日:

洗面化粧台は重要です

洗面化粧台はなくてはならないですね。歯磨きや洗顔だけでなく、シャンプーできる大きなものに人気があります。洗面ボウルは陶器なので割れ物です。高い位置にドライヤーなどを掛けて落としてしまって割れることが多いです。硬いものを高い位置に置かないようにします。近年は住宅も狭く、鏡台を置くスペースがない場合も多いです。洗面化粧台でメイクをすると鏡台がいらなくなり、部屋を広く使うことができます。洗面化粧台の高さに合うイスも市販されています。洗面化粧台をどのように使うかを考えて収納を選びます。洗面所は洗濯機置き場や脱衣所を兼ねることが多いです。洗剤は子供の手の届かないところに置きます。買い置きが収納できるとさらに良いです。また、バスタオルなどは誰でも届くところにあると便利です。入浴後に使う保湿剤や薬なども置けると便利です。2階建ての場合、各階にトイレと独立した洗面所があると、薬を飲んだり、掃除をしたりする時にも水を使えて便利です。

投稿日:

野菜嫌いの子供!美味しい青汁で健康維持

小学校低学年の娘がいるのですが、野菜が大嫌いです。私は料理が好きなので、子供が野菜をおいしく食べられるような工夫をあれこれしてみたのですが、全然だめなんですよね。野菜を食べないせいか、うちの子は風邪をすぐにひきますし体調を崩しやすいので心配していました。

ママ友から青汁を子供に飲ませているという話を聞きました。青汁だったら気楽に野菜をたくさん摂取できますが、うちの子は絶対に「美味しくない」と言うと思ったんです。でもママ友から「はちみつ青汁だったら飲んでくれると思う」と言われたので、飲ませてみることにしたのです。

さっそく届いたので私が一口飲んでみました。すると青臭くないですし、ほんのりと甘くてスッキリした味わいで驚きました。子供には牛乳に混ぜて飲ませてみたんです。一口飲んで「美味しい!飲める!」と言ってくれて涙がでそうになりました。

毎朝はちみつ青汁を飲んで元気に登校しています。便秘をしなくなり、一年ぐらい風邪をまったくひいていません。青汁で子供が毎日健康です。

投稿日:

旦那とスマホを使っての子育てで揉めた経験

私はなるべくスマホを見せたくないし、いじらせたくないんです。でも旦那さんはかなり若い事もあり、自分がスマホ世代だからか、子供が少しぐずるとすぐにスマホを見せます。テレビを見せたり、ゲームをさせたり…
タブレットも使わせます。私はタブレットもスマホも反対なんです。
泣き止んだり、大人しくしてくれるだろうけど、他にも方法はあると思うんですよ。お話したり、おもちゃであやしてみたり。ゲームなんかより、もっと自然の中で楽しみを見つけられるようになってほしいんです。
実際私がスマホ等であやしてないんだから、旦那さんにも出来るはずなんです。でも旦那さんの言い分は、スマホを見せるとすぐに機嫌が良くなるから。今の時代、スマホなしの子育てなんて古い考え方なんだよ、と。むしろ時代遅れでいじめられたりするかもしれないよって言われちゃいます。
時代遅れでイジメられたら可哀想だから、旦那さんの時は触らせて、私の時はなるべく触らさない方向になりました。どっちかの子育て方針にするより、お互いの意見を半々にできたら1番スッキリしますよ。

投稿日:

建売住宅で壁紙が選べるのなら日当たりを気にして

建売住宅の中には、壁紙を選ぶことができる物件もありますよね。そして多くの人が「無難に白い壁紙」を選びがちなのですが、しかし「家の中の日当たり」は気にした方がいいですので。なぜなら、日焼けしますからね。人間ばかりではなく、壁紙も日焼けするのです。

もちろん日焼けに強い(日焼けしづらい)壁紙もあります。しかし、壁紙が選べる建売住宅のなかでも、日焼けしづらい壁紙などのように「ちょっとした効果」がついている壁紙は、選択肢の中に入っていなかったりしますからね。

言葉は悪いのですが、選べる壁紙のラインナップには、価格高めな壁紙は入っていなかったりするものですから。そしてだからこそ、「家の中の日当たり」を気にした方がいいのです。めちゃくちゃ日当たりのいい部屋なんかは、築3年も経たないうちに壁紙もそうですが、そのほかのプラスチック製品なんかも日焼けがわかるようになりますからね。

「そうなったら張り替えればいい」と割り切れればいいのですが、そうではないというのでしたら、壁紙は白色よりも少し色が入ったものを選ぶといいでしょう。すると、日焼けしても真っ白い壁紙よりは気になりませんので。