投稿日:

注文住宅の設計は1年以上かかるものだ!?

注文住宅でマイホームを建てる場合、実際に使用する設計図ができあがるまでに、1年以上かかったりもするのです。住宅の設計図が完成して、建設工事が始まってから終わるまでは、意外と期間が短かったりするのですが、とにかくまあ注文住宅の場合ですと、家の設計図が完成するまでが長いのですよね。

とは言え、設計士さんが1年も2年もかけてじっくりと設計図をつくるわけではありません。設計士さん自体の仕事はとても早いというものです。そこはさすがのプロですからね。依頼主の希望を的確に聞き取って、しっかりと設計図に反映させてくれるのです。

それでは何がそこまで時間がかかるのかと言いますと、依頼者側が意見をまとめるのに時間がかかったりするのです。夫婦間で意見を一致させるのも時間がかかる場合もありますし、「どのような住宅がいいのか?」といったイメージをかためるまでに時間がかかったりしますからね。

要するに、いざマイホームに向けて意見を出していくと、自分たちで意外と話がまとまっていないということがわかることもあるのです。そしてマイホーム完成までの期間が長くなるのですよね。正確に言えば、設計図にするまでの期間が長くなるというものですが。

ですから注文住宅でマイホームを建てる場合、意外と完成までの道のりは長くなるということも頭に入れておくといいでしょう。注文住宅は自由度が高い分、迷いも多くなったりしますからね。