投稿日:

快適な我が家は、注文住宅ですなんです!

我が家は注文住宅です。築9年目になります。

当初、義父母の勧めで、家を買うことになり、建売を見てまわりました。

建売は、もちろん出来あがっているものを見るので、住んでみてからの生活スタイルが簡単に想像できます。

ですが、内装では壁が薄かったり、扉が安っぽかったり、収納が少なかったり、構造の面ではまったく目に見えません。もしかしたら欠陥住宅を買ってしまう危険性もあります。

そこで、構造について何がいいのか、どんな工法がありどれがいいのか、住宅冊子を読み漁りました。

人生で一番高い買い物ですから。工法は2×4、当時あまりなかった外断熱、基礎に熱線を埋め込んだ基礎暖房。間取りは、いろんな展示場を見て回っていいとこどりを自分でまとめて間取りをPCで書き、それを住宅メーカーに、設計し直してもらい、我が家が建ちました。

注文住宅でなければ、こんなに自分の希望を取り入れてはもらえません。

収納もたっぷり!家事動線も無理のない範囲。大きな吹き抜けのリビングに、広いリビングダイニング。大満足の我が家が出来あがりました。

しかも注文住宅の雑誌に載ったんです!注文住宅で建てて本当に良かったです!

投稿日:

注文住宅の設計は1年以上かかるものだ!?

注文住宅でマイホームを建てる場合、実際に使用する設計図ができあがるまでに、1年以上かかったりもするのです。住宅の設計図が完成して、建設工事が始まってから終わるまでは、意外と期間が短かったりするのですが、とにかくまあ注文住宅の場合ですと、家の設計図が完成するまでが長いのですよね。

とは言え、設計士さんが1年も2年もかけてじっくりと設計図をつくるわけではありません。設計士さん自体の仕事はとても早いというものです。そこはさすがのプロですからね。依頼主の希望を的確に聞き取って、しっかりと設計図に反映させてくれるのです。

それでは何がそこまで時間がかかるのかと言いますと、依頼者側が意見をまとめるのに時間がかかったりするのです。夫婦間で意見を一致させるのも時間がかかる場合もありますし、「どのような住宅がいいのか?」といったイメージをかためるまでに時間がかかったりしますからね。

要するに、いざマイホームに向けて意見を出していくと、自分たちで意外と話がまとまっていないということがわかることもあるのです。そしてマイホーム完成までの期間が長くなるのですよね。正確に言えば、設計図にするまでの期間が長くなるというものですが。

ですから注文住宅でマイホームを建てる場合、意外と完成までの道のりは長くなるということも頭に入れておくといいでしょう。注文住宅は自由度が高い分、迷いも多くなったりしますからね。