投稿日:

本好きの子供に育てる方法

スマホで本を読める時代になったためか子供の本離れが進んでいます。大人も本から離れてスマホを見ている時間が長いのだから子供だって本から離れてしまいますよね・・・。

でも、本というのは子供にとって必要なモノです。夏休みの読書感想文を書くときだけ仕方なく本を読むんじゃなく、普段から本に親しんでおいた方が子供のためになります。そのためにはまず親が本を読むことです。

本はわざわざ購入しなくても借りればいいんです。図書館を利用して気になった本を借りましょうね。借りてきた本をすべて読まなくてはいけないなんて考えず、とりあえず何となく気になる本を借りてきてしまいましょう。

すべて読めるなら読み、読めないモノも期限内に返却します。そのとき子供も図書館へ連れて行くといいですね。借りるときも本を返却するときもどちらも子供に見せるのです。子供はそれを見て本の借り方返し方を覚えます。

図書館が好きになれば子供は本を好きになりますよ。