比べないこと

子育てをしているとついつい他の子供と比べてしまったり兄弟姉妹と比べてしまったりすることがあると思います。しかしそれは子供にとっていいこととは言えません。

 

子供は比べられることで競争心が芽生え自分が一番になりたい。勝ちたいと思うこともできます。しかしどんなに頑張っても勝てない相手がいたらその子は敗北感を味わうとともに挫折してしまう危険もあります。

 

あの子は頑張っているのだからあなたも頑張れるはずなんていう声の掛け方は決してやってはいけません。子供がそれは一番わかっていることなのです。それを親から言われるというのはものすごい失望感につながります。

 

親は誰かと比べて焦ったり、自分の子供だけできないと自分の子供を急かしてしまうこともあります。しかし親がいくら焦ってもその状況を乗り越えられるのは子供の力だけです。

 

自分の子供を信じてあげることが子育てではとても重要になります。そしてどうしても手を貸してあげたいときは本当に少しだけ力になってあげるのはいいと思います。しかし最後にやるのは子供の力です。それを忘れてはいけません。