天然素材でこどもも安心。住宅は自然素材で。

近年、化学物質による住宅被害が多く報道されています。
政府も利用できる素材を規制するなど、さまざまな動きが出てくるようになってきました。
古来はこういった問題はほとんどありませんでした。それはなぜかというと、日本の住宅が自然素材を
ふんだんにつかった体にやさしい住宅だったからです。

しかし、技術の進歩や住宅の西洋化により、フローリングやコンクリート、鉄筋技術などが進歩し、
本来自然界に存在しない素材を用いて家を作ることが出るようになってきたのです。
そのため、アスベストやアレルギーなどの問題が発生しており、人にとって住みにくい状況が一部発生しています。
そういったことにならないように、一戸建てや新築を検討中の方には自然素材の住宅をオススメしたいと思います。

日本は元来高温多湿の環境です。その中で、良質な木材を使った木造住宅は非常に日本の風土に適しています。
湿潤環境を適切に整え、さらに木独特の暖かさによるいやし効果もあります。
木材についてもどこの産地でとれたものかによって特徴が多く異なります。

例えば九州は阿蘇の原木などは水分含有率が非常に適切で、日本の気温に非常に適していると言われています。
更に柔らかさがあるため耐震効果も期待できるんだとか。家を作るのも言うのは簡単です。
どんな風に生活したいかをしっかりとイメージして、住宅を建てるようにしましょう。

PR|建売住宅のランキング情報