投稿日:

しつけというものは子どもが嫌がったらしてはいけません

子供に頭ごなしに言うものではありません。しつけというものは、子供がちゃんと納得するように言わないといけません。子供が嫌がったらそれは、しつけではないのです。

私は子供が悪い事をしたらしつけています。友だちのおもちゃをとったり、たたいたりしたらです。どうしてだめなのか、そんな時はどうすればいいかちゃんと教えてあげるのです。でもそれはあくまでもわたしのしつけの仕方であるのです。だから人それぞれ違うものなのでしょう。

その時にきつく叱ればいいという人もいます。でも私は違うのです。それは恐怖で脅かしていると思うのです。しつけは強要してはいけません。まだまだ小さい子供の頭の中が混乱してしまうのです。

きっといろんな意見を言う人がいるでしょうが、自分でこれが正しいと思っているだけではいけません。信頼できる身近な人に聞いたしつけ方法が、一番正しいのかもしれません。

私の母はこうやって私をしつけてくれたのです。その事を覚えているので私もそうしているのです。